婦人

外壁塗装の費用はこのくらいかかる|5年が目安

外壁の塗り替えの必要性

作業する人

塗料の違いが価格の違いに

家を建ててから5年以上経つと、そろそろ外壁塗装リフォームを考える時期と言われています。ただそうは言われても、建てた頃とさほど大きく変化したようには見えず外壁塗装リフォームの必要性があまり感じられない、という人も多いようです。一般に、外壁塗装は家の美観のために施されていると考えられがちです。しかし、外壁塗装の本来の目的は建物を長く保つために施されているのです。建物の外壁は、雨風や大気汚染、強烈な紫外線といった外部からの脅威を防ぐ役割を持ちますが、高温多湿で台風の多い気候の我が国ではことさらダメージが大きく、劣化が激しくなります。そこで外壁に耐水性や防熱性等の効果のある塗料で塗装を施すことにより、こうした脅威から建物を守っているのです。しかし、やはり外壁塗装にも耐久性に限界がきます。この耐久性は塗料の種類によって違いがありますが、およそ5年から10年が目安とされているため、先にあげたように新築から5年以上経つと外壁塗装リフォームが推奨されているのです。外壁塗装リフォームで最も多くの人が気になるとあげているのが、その費用についてです。費用は、建物の面積や傷み具合、工法によって変化しますが、最も大きく変わるとされるのが使用する塗料の種類です。現在、一般住宅の外壁塗装に使用される塗料は、アクリル樹脂やウレタン樹脂といったものがあります。また、シリコン樹脂やフッ素樹脂なども挙げられます。アクリル樹脂塗料は最も安価で手軽ですが、ただし耐久性はやや低く3〜5年で再塗装が必要とされています。一方、フッ素樹脂塗料は高価とされますが耐久性が非常に高く、12〜15年は状態を保持できると言われています。つまりフッ素樹脂塗料は再塗装リフォームまでの期間が長くなることから、トータルの費用を考えれば決して高価とはいえないのです。

作業員

遮熱塗料で夏を快適に

夏に暑くなりがちな神戸市では、遮熱塗料を使った外壁塗装に高い需要があります。赤外線を反射する塗料なので、塗ることで室温の上昇が抑えられるからです。しかも、洗浄やケレンといった丁寧な下地処理と二度の塗装により、頑丈な塗膜が完成します。もちろん施工前には、カラーやデザインを指定することも可能です。

一軒家

住居の外装をキレイにする

京都で外壁塗装を発注するポイントは、京都の地理と地域性を理解した地元密着の業者を選ぶことが大切です。また、公共施設での施工実績がある点や複数の業者から見積をとって検討するという点も挙げられます。自身の外壁塗装の仕上がりイメージを明確にしておくようにしましょう。

ハケ

ホームページの記載がある

神戸で外壁塗装をする場合、業者をいくつか見てみましょう。ホームページでいろいろと比較できます。そして見積もりを取ります。塗料を塗る前に修繕箇所があれば修繕することが一般的です。また、料金体系も比較しましょう。