一軒家

外壁塗装の費用はこのくらいかかる|5年が目安

  1. ホーム
  2. 遮熱塗料で夏を快適に

遮熱塗料で夏を快適に

作業員

丁寧な下地処理と塗装

瀬戸内式気候に属する神戸市では、冬は比較的暖かく過ごせるのですが、その分夏には猛暑日がやや長く続きます。そのため神戸市では多くの住宅で、快適に過ごすために、遮熱塗料を使った外壁塗装が行われています。遮熱塗料とは、赤外線を反射する性質のあるセラミックを混ぜ込んだ塗料です。これで外壁塗装をすると、外壁が太陽光の影響を受けにくくなるため、その分室温の上昇が抑えられるのです。ただしその効果を十分に得るためには、遮熱塗料で頑丈な塗膜を形成する必要があります。そのため神戸市の外壁塗装では、洗浄やケレン、シーリングといった下地処理が特に丁寧に行われています。具体的には、まずは外壁に付着している汚れや雑菌などを、バイオ洗浄でしっかりと除去します。さらに旧塗膜を剥がし、傷などがついていた場合には、樹脂を塗り固めることで塞ぎます。このように外壁の状態を良くしてから遮熱塗料を塗れば、剥がれにくい塗膜が完成するので、高い遮熱効果が長く発揮されることになるのです。しかも遮熱塗料は、塗った後に十分に乾燥させてから、翌日以降に再度塗られます。つまり塗膜が二重になるということですから、これにより遮熱効果は一層高くなると言えます。もちろん遮熱塗料には、他の塗料と同じように様々なカラーがあり、施工前にはそれを好みで選択できます。ツートンカラーにするなど、デザインに工夫を凝らすこともできるので、センスの良さを重視する人が多い神戸市では、その点からも外壁塗装が話題となっています。